社長通信

今日は「ワコウホームのこだわりの一つダブル断熱」についてのお話です。

こんにちは!

八戸で

「30年経っても年中快適を保ち続ける家」

を建てている

「しあわせ家族をつくる住宅専門店」

ワコウホームの深畑 浩之です!

今日は「ワコウホームのこだわりの一つ
ダブル断熱」についてのお話です。

当社が造るお家の壁部分の断熱は、ファース
工法専用断熱材であるファースボードとエア
クララによるダブル断熱でありまして、標準
仕様となっています。

断熱には内断熱方式と外断熱方式があります。

壁部分での内断熱ですが、壁の中に断熱材を
施工する事を内断熱、壁の外側に断熱材を
施工する事を外断熱といいます。

この他に、内側にも外側にも断熱材を入れる
方法をダブル断熱といいまして、当社が標準
として採用している断熱方法ですね。

ダブル断熱が良い特徴の一つとして、熱橋
(ねっきょう)が少ないのです。

熱橋というのは内断熱方式の場合、柱と間柱の
間に断熱材を入れていくのですが、柱は断熱材
より断熱性能が弱いので、柱から熱が出入りして
しまうという現象の事をいいます。

例えばですが、

グラスウールの熱伝導率は0.038です。
木は材種で違ってくるみたいですが、ここでは
0.15としましょう。

そうしますと、木の部分はグラスウールの所より
4倍の速さで、熱を逃がしてしまいます。

分かりやすく下記の図でご説明すると、熱橋と
書かれている木材の部分と断熱材の部分とでは、
熱の出入りが4倍位違うという事になります。

ちなみに、鉄骨のお家もありますが、鉄骨の
熱伝導率は55です。

グラスウールに比べると1450倍位、熱を通し
やすいのです(汗)

ですので、鉄鋼造の場合、熱橋対策は必須です。

ダブル断熱も、壁の仕上げをしてしまえば、
見えなくなる部分ですので、地味なこだわり
かもしれません。

ですが、熱伝導率の低い高性能断熱材を使用し
ダブル断熱にして、熱橋による断熱のムラを
少なくした方が絶対に良いと思います!

小さい工務店の大きなこだわりですね。

皆様のご参考になれば幸いです!

今日は、この辺で!

関連記事

  1. 社長通信

    コメダ珈琲店さんに行ってきました!

    こんばんは!『しあわせ家族をつくる住宅専門店』ワコウホーム家づ…

  2. 社長通信

    現場進捗状況

    こんばんは。家づくりアドバイザーの深畑 浩之です今日は午前中に白…

  3. 社長通信

    頭痛…

    こんばんは。家づくりアドバイザーの深畑 浩之です。すいません。…

  4. 社長通信

    今日は、「スイッチやコンセントカバーのデザインについて」のお話です。

    こんにちは!八戸にて「壁の中で結露しない年中快適を保ち続け…

  5. 社長通信

    本日はI様邸完成見学会2日目でした。

    こんばんは。家づくりを通してお客様を絶対に幸せにする!これが僕の信…

  6. 社長通信

    頭痛が…

    こんばんは。家づくりアドバイザーの深畑 浩之です。先程から頭痛が…

ワコウホーム公式サイト

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP